が投稿

HOME > 分子整合栄養医学

 分子整合栄養医学とは・・・

治療と予防を目指す栄養の考え方

分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)の始まりは、ノーベル化学賞、ノーベル平和賞を受賞されたライナスポーリング博士によって推奨されました。

「身体にとって自然な栄養素を至適量投与することで疾患や症状を治療、もしくは予防する」
「生体内にあるべき分子を至適濃度に保つために十分な栄養素を摂取することによって生体機能が向上し自然治癒力が高まる」

と言われています。

内面を満たすことで外面も満たされます。遺伝子が病気に関わるのは20%~30%で、残りはその人自身の栄養状態、生活習慣によるものです。
栄養状態を改善させることで身体に大きな変化もたらすことが可能になります。

分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)では、ビタミンやミネラル等の栄養素を正しく取り入れることで、病気の予防や治療を行う医療で、欧米を中心に発展してきました。 正しい食事から栄養を取ることはもちろん、必要に応じてサプリメントや点滴などで高濃度の栄養を補充します。個人の体質や体調によって必要な栄養素の種類や量が違うため、専門的な知識を持った医師、スペシャリストの指導のもとで行うことが基本です。

分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)という言葉は

ギリシャ語で「正しい」を意味する「オーソ(Ortho)」と、「分子」を意味する「モレキュラー(Molecular)」を組み合わせた単語です。ノーベル賞を2回受賞したライナス・ポーリング博士(米国)によって、1960年代に使われたことが始まりです。 その後、アメリカとカナダを中心にオーソモレキュラーの理論や治療法が広がり、今では世界中の大学や医療機関で研究・実践されています。

 

分子レベルで最適な量の栄養素を投与して病気の治療・予防を目指す栄養医学

血液検査データから栄養状態の解析を行う

血液検査データに基づき必要な栄養素と量を解析し、食事に留意しながらおもにサプリメントで栄養を補い病気予防、改善を目指します。

「潜在性」栄養欠乏の存在

従来の栄養学では、「欠乏症でなければ正常である」と考えられていました。例えば、「貧血でなければ鉄は足りている」とみなしてきました。分子整合栄養医学では、欠乏症になる前に潜在性の欠乏状態があり、その潜在的な欠乏にこそ、様々な不定愁訴(不調)の原因が潜んでいると考えています。
しかし、これらの不調は通常の血液検査では異常と判定されない事があり、その原因すらわからないことが多いです。

「潜在性」栄養欠乏と不定愁訴

現代の食事では、脚気や壊血病、ペラグラなどの教科書的な欠乏症になることは稀であり、潜在性の欠乏状態であることがほとんどです。しかし、その潜在的な欠乏にこそ、様々な不定愁訴の原因が潜んでいること、また、これらを栄養素を用いて補正するという考え方は、分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)による功績と言われいます。

 

栄養を治療に使う

分子整合栄養医学(オーソレモキュラー)では、ひとりひとりの身体の生化学情報(主として血液検査データ)に基づき、わたしたちの細胞を構成する分子のバランスの乱れ(インバランス)を、栄養素を用いて整えます。不足を補うことや健康維持だけでなく、栄養を積極的に用いることで、症状の改善を目指していきます。

そのために、一般的に考えられているような栄養素の必要量とは異なる量(至適量)が必要になります。それは、時には、一般的に考えられている量の100倍の量になることもあります。
併せて、栄養素の代謝の特性を考慮しながら、互いに相互作用を持つ多くの種類の栄養素を用いることもあります。

 

薬と栄養の役目を理解する

薬は、急性期の病などに対して、効果的に働きます。しかし、薬には必ず大なり小なり副作用があることは誰もが知っているとおりです。
病気の進行を止めて、自らの細胞が回復できるようにサポートするのは薬だけでなく、栄養(生体内物質)が行なっている部分です。
身体の回復のためには、栄養は必要不可欠です。しかしながら、現代の医療では見落としがちであることも確かです。栄養素の持つ力を最大限に活かし、体に負担なく、なおかつパワフルに心や体を改善していく、それが分子整合栄養医学(オーソモレキュラー)の栄養療法です。

かけがえのない”あなたの人生”を豊かに生きるために、、、